医師

小さな子供でも頭痛は起こる|専門外来のある病院が増えている

精神状態が関係

聴診器

精神面をチェック

頭痛が特定の病気に関係しているケースは、意外に多いです。脳腫瘍などの器質的な病気はもちろん、時にうつ病も頭痛を引き起こす要因となり得ます。実際、うつ病と診断された方の症状の中でも特に多いのが、頭痛です。うつ病の場合には、主に朝から午前中にかけて頭痛が発生します。痛みが引いても、頭の重さやぼんやりとした感じは1日中持続することが多いです。肩こりや背中の痛みを感じることもあり、全身に症状が現れるのがうつ病の特徴と言えます。このようなうつ病の特徴を理解していないと、病気の存在に気づかないことが出てきます。うつ病で生じる頭痛は、薬では中々治せないのが現実です。鎮痛薬が効かない頭痛が続く場合は、医療機関で相談すると病気のチェックが出来ます。うつ病のチェックに役立つのは、概して精神科です。精神科では様々なチェックポイントから、頭痛の背景にある病気の有無を調べます。痛みと精神面との関係は非常に深く、時に原因不明の痛みが出るのがうつ病などの精神疾患です。慢性的な頭痛が引き金となり、うつ病を発症するケースもあるのが問題です。また、頭痛もちの方が、たまたまうつ病に罹患するケースも見られます。万が一うつ病の場合、医療機関を受診するきっかけが重要です。頭痛という明確な理由があれば、医療機関までスムーズに足が運べます。漠然とした不安を抱えていると、さらに痛みは強くなるのが一般的です。従って、不安感を減らすためにも、早めに病院を受診するようにするのがベストです。

社会復帰が叶う

度重なる頭痛は、日常生活にも多大な影響を与えます。仕事を持っている方の場合には、休職や退職を余儀なくされることもあるのが問題です。うつ病による頭痛は通常自然に治ることがなく、長期に渡って症状に悩まされます。受診することで、このような症状が少なからず快方に向かうことから、精神科は人気です。精神科では、頭痛薬以外にも抗うつ薬などの薬を使用します。ですので、脳から症状を改善することが可能です。うつ病が良くなるにつれて頭痛も改善されることが多く、速やかな回復が望めます。早期の社会復帰を願う方にとっては、特にこういった治療から得られるメリットが大きいです。最近の精神科は待合室の雰囲気や予約法に工夫を凝らしており、利用しやすい点も好評を得ます。特にオフィス街に開設されている精神科は、気軽に利用することが可能です。働きながら利用出来る点も、精神科が広く利用される理由の一つです。夕方や休日に診療時間を設ける医療機関も増えており、仕事に穴をあけずに済みます。休職や離職をした方向けのプログラムを利用すれば、社会復帰もスムーズです。復職を急ぐ方にとっても、このような精神科の様々な試みは役立ちます。不安障害などの一見分かりにくい病気の発見が出来るのも、精神科の強みです。不安障害はうつ病とも関係が深く、身体症状が多く生じます。通勤や仕事中に発生する不安発作は、やはり生活する上での大きな障害です。こういった病気も精神科を受診することで。解決の道が見えてきます。