頭痛で不安になったら 専門医がいる病院を訪ねてみよう

小さな子供でも頭痛は起こる|専門外来のある病院が増えている

精神状態が関係

聴診器

薬が効かない頭痛が続く場合は、うつ病の可能性があります。精神科を受診することで、適切な治療を受けることが可能です。最近の精神科は診療態勢にも工夫を凝らしており、利用しやすいと言えます、特に利用者を増やす要因となるのが、社会復帰をサポートする様々なプログラムです。頭痛が早く治る点も、評価されています。

もっと詳しく

ストレスが原因での痛み

カウンセリング

頭痛が起きる原因にはいろいろあり、ストレスからくる場合やもっと重篤な病気が隠れていることもあり、甘く見てはいけない病気です。また、頭痛からうつ状態になると日常生活にも支障を起こします。精神科や神経内科などを受診し、適切な治療を行いましょう。

もっと詳しく

生活の質を維持できます

看護師

精神科での頭痛への対処法は、カウンセリングから始まります。個々人の発生状況などを細かに分析し、お薬による服用で改善を望むケースなども多くなります。ストレスの多い生活では、精神科での治療により、頭痛症状を改善できる人も増えている現状となっています。

もっと詳しく

ストレス時に起こる痛み

頬杖を突く女性

専門外来の増加

日本人の数人に1人は、頭痛持ちといわれています。そのため、色々な要因によって頻繁に痛みが起こり、大きな悩みになっていることがあります。頭痛にも色々なタイプや原因があります。多くの人に起こるのが、緊張型頭痛です。これは、小さな子どもからお年寄りまで、幅広い年齢層の人に起こりうる痛みです。頻度は、年に数回起こるのが一般的です。ほとんどの場合は、鎮痛薬を飲めばすぐに治ります。また人によっては数日続くこともあります。これは、ストレスや肩こりなど、体や筋肉に緊張感が高まっている場合に起こりやすいです。その他には、片頭痛があります。これは、女性に多く見られます。生理周期などと関連が強いと言われることもあり、月に1度程度起こることもあります。このような頭痛は、頻度に差はあれど、ほとんどはすぐに治まることが多いです。しかし、1ヶ月近く続いたり、薬を頻繁に飲んでしまっている場合、精神的なストレスが関係している可能性があります。このような場合は、精神科や心療内科に通うことが大切です。最近は精神科などの病院に、頭痛外来という専門外来を設ける病院が増えてきました。専門外来のある病院は、とても人気があります。頭痛に特化した検査や診察を行えるので、原因の特定や治療が早く行えるのが理由です。うつ病などの精神病を併発していた場合は、合わせて治療を行っていくことになります。治療期間は人によっては、長期間かかることがありますが、ゆっくり治していくことが大切になります。

自己予防の方法

うつ病になると、ほとんどの人に頭痛が起こります。そのため、精神病と頭の痛みには大きな因果関係があります。抗精神薬などで痛みが改善された場合は、ストレスなどが原因になっていた可能性が大きいです。元々頭痛持ちの人が精神病にかかる割合はとても大きいです。そのため、精神病の症状が治まった状態になっても、引き続き頭痛には注意していく必要があります。そのためには、痛みを予防する方法を探しておくのも1つの方法です。精神科の医師も指摘する通り、頭痛と精神的なストレスには因果関係があります。自己予防としては、まずはストレスをできるだけ溜めない工夫をすることが大切です。ストレスが溜まっても、発散したり、気分転換できる方法を予め見つけておくと良いです。またその他には、天気に左右されることを知っておくと良いです。特に雨や台風などで低気圧が近づいてくる日には注意が必要です。このような日に頭痛を引き起こす確率は高くあります。天気の変化はどうしようもない所があります。しかし、事前に天気予報をチェックして備えておくことも重要です。以上のような自己予防をできる限り行っても、不快な症状が長く続く場合は、精神科や心療内科の受診をおすすめします。うつ病の発症歴がある場合は、再発の可能性もありますので、早期治療が大事です。単なる頭痛だから放っておけば大丈夫という考え方は改めると良いです。精神的な原因があるということを、知識として入れておくだけで、迅速な対応を取ることができます。